23年3月期から後入先出法廃止

 企業会計基準委員会(ASBJ)は9月18日、企業会計基準第9号「棚卸資産の評価に関する会計基準」の改正を議決した。これにより、棚卸資産の評価方法の一つであった「後入先出法」は23年3月期から廃止となる。ASBJは今改正の公表文で、専門委員会の検討で指摘されてきた「企業の税負担の問題」や、連結先行の考え方についてコメントを記載している。
  • ZEIKEN LINKS210224

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン