最高裁 非嫡出子相続分を2分の1とする規定を違憲と判断、申告済み事案への影響など注目される相続税の取扱い

 最高裁判所大法廷は9月4日、法定相続人に非嫡出子がいる場合に非嫡出子の相続分を嫡出子の2分の1とする民法900条4号ただし書きの規定について、遅くとも平成13年7月当時において、憲法14条1項の法の下の平等に違反していたとしたものの、違憲判断は平成13年7月当時から本決定までの間に開始された他の相続で確定的となった法律関係には及ばないとした。

 非嫡出子と嫡出子の法定相続分が同等になることで相続税の総額が変わることがあるため、既に相続税の申告が行われた事案について影響が及ぶのかどうかなど、今後の対応が注目される。

 なお、9月18日現在、国税庁は、最高裁の決定に対する相続税の取扱いを検討中であり、決まり次第、国税庁HP等で情報等が公表される予定だ。
  • 企懇部会

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン