会計士試験 22年より短答式を年2回実施へ

 公認会計士・監査審査会は9月6日、「公認会計士試験実施の改善について(中間報告)」を公表、この中で、平成20年から試験日程を短縮すること、22年から短答式試験を年2回行うことなどの改善策を示した。同審査会は、この中間報告にしたがって、試験制度の見直しを行うことになる。