証券監視委 開示検査事例集を公表

証券取引等監視委員会(SESC)は9月19日、最近の開示検査の取組みや開示検査で確認された開示規制違反事例などをまとめた「開示検査事例集」を公表した。証券監視委は2017事務年度(2017年7月~2018年6月)に13件の開示検査を終え(検査実施は30件)、そのうち3件について課徴金納付命令勧告を行い、2件については訂正報告書の自主的な提出を促した。開示規制違反では近年、架空売上の計上や売上の過大計上など、売上をめぐる不適正な会計処理が目立つ。