国税庁 23年12月・24年度改正に対応した法人税関係通達を公表

 国税庁は、9月24日、最新の法令改正に対応した法人税関係通達を公表した。基本通達では、23年12月の改正で実施された貸倒引当金制度の縮減や欠損金の繰越控除の所得8割制限等に係る留意点等が示されている。

 措置法通達では、特定資産のいわゆる9号買換えについて面積基準の適用に関する留意点等が示されている。

 また、耐用年数通達では、200%定率法に対応した「未償却残額表」が新設されている。主な改正項目の原文等は次号掲載予定である。
  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 国際税務リニューアル

  • 知ってる?消費税

  • 高山先生

  • ふるさと納税

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン