プロジェクト計画表を更新

 企業会計基準委員会は9月17日、国際的な会計基準のコンバージェンスに向けた日本の基準開発工程を示す「プロジェクト計画表」を更新した。9月16日開催の第209回本委員会で承認されたもの。前回4月12日に公表された内容と比較すると、「既存の差異に関連するプロジェクト」と「MOUに関連するプロジェクト」の全般にわたって海外動向を踏まえた計画の延期・後ろ倒しが見られる。また、この8月に基準諮問会議から提言された「四半期財務諸表に関する会計基準の改定」と「後発事象に関する会計基準等の策定」が計画表に加わった。