ASBJ 後発事象に関する会計基準の策定に着手

 企業会計基準委員会は9月16日に開催された第209回本委員会において、「後発事象に関する会計基準」の策定に着手した。IFRSにあって日本基準にないものを整備するのが狙い。現行、日本では監査上の取り扱いによって「後発事象」に関する実務が行われており、会計基準はない。一方、IFRSでは包括的な会計基準を設けており、日本でも基準策定の必要性が指摘されていた。年内にも公開草案を公表し、来年3月までに最終基準化を図りたい考えだ。