退職給付 プロジェクトの進め方を審議

 企業会計基準委員会は、退職給付会計基準の見直しに向けて、ステップ1(未認識項目のB/S認識等)とステップ2(IASBとFASBのMOU関連項目)の2段階に分けてプロジェクトを進めている。今年3月にステップ1に係る公開草案を公表し、年内の基準化を目指し審議を進めてきたが、現在、その審議を一時中断し、プロジェクトの進め方に関し審議を行っている。短期間に複数回の改正が行われることに慎重な意見が出されているためだ。委員の意見は分かれているが、事務局側は当初予定通りステップ1に係る改正を年内に終えたい考え。近く開催される本委員会において、方向性を確定させる方針である。