ASBJ 今後の進め方などで事務局提案

 企業会計基準委員会(ASBJ)は9月15日、第70回収益認識専門委員会を開催した。同専門委では7月以降、いくつかのモデルケースを使って日本基準のできあがりイメージの共有を図ってきた。当日は、その継続審議の前に、基準開発の全般的な進め方について事務局から状況説明と提案があった。専門委としては、開発の進め方として、IFRSの任意適用企業と連単に日本基準を適用する企業とで取扱いを変えない方向。その他の事務局側提案についてもこれを前提に進められた。