ASBJ 連結納税適用時の税効果の取扱いを議決

 企業会計基準委員会(ASBJ)は9月22日、第296回本委員会を開催した。実務対応専門委員会で検討を進めてきた「連結納税制度を適用する場合の税効果会計に関する当面の取扱い」(実務対応報告5号および7号)の改正案を公表議決した。公開草案を9月中に公表し、2カ月程度のコメント募集期間を経て、年内に改正実務対応報告を発表する予定だ。同報告は公表日以後適用し、適用は会計方針の変更とは取扱わない。