ASBJ、開発費の資産計上に関する実態調査

 企業会計基準委員会(ASBJ)は9月22日、「社内発生開発費のIFRSのもとにおける開示の実体調査」を公表した。国際財務報告基準(IFRS)では、研究開発費のうち「開発部分」の資産計上を求めている。ASBJでは現在、これらの基準を専門委員会で審議中だが、同委員会で、IFRS適用地域である欧州(EU)の実態調査を望む声が多く出たことから調査を実施した。その結果、欧州では、資産計上せずに全額費用処理する会社も多くあることが判明。会計処理にバラつきがあることが分かった。
  • ZEIKEN LINKS210224

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン