取引相場のない株式の評価方法の見直しの現状を確認

取引相場のない株式の評価方法について、28年度与党税制改正大綱では「比較対象となる上場会社の株価並びに配当、利益及び純資産という比準要素の適切なあり方について早急に総合的な検討を行う」とし、見直しを示唆していた。
さらに、中小企業庁は、28年度改正要望に引き続き、29年度税制改正要望でも取引相場のない株式の評価方法の見直しを要望事項として挙げている(No.3423)。今回、資産税の専門家に注目されているこの見直しの動向について取材した。