償却資産に対する東京都の調査状況とは

固定資産税の償却資産は、土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産で、各種製造設備等の機械及び装置、パソコン、陳列ケース、看板(ネオンサイン)、医療機器、測定工具、金型などが該当する。
東京都(23区を所管)では初期調査、資産等捕捉調査、帳簿調査と調査の種類を3つに分けて、申告に対する事前指導や、申告漏れの把握などを行っている。
それぞれの調査の概要、調査件数等を紹介する。

関連セミナー