ASBJ リース基準の検討で不動産協会から意見聴取

企業会計基準委員会(ASBJ)は10月8日、第89回リース会計専門委員会を開催し、一般社団法人不動産協会の参考人から意見を聴取し、オフィスなど不動産のリースに関する検討を行った。参考人からは、「日本では中途解約が可能であり、近似した契約でも企業間で契約期間に大きな差異が出て、比較が困難になる可能性がある」、「日本の不動産賃貸借の特殊性や法的観点を考慮したものが望まれる」等の意見が出されている。