面白くてためになる「税理士先生のための租税訴訟の基礎知識」連載スタート

 複雑な税の実務に携わる方々にとって,租税裁判の判決が重要な資料になるのは言うまでもないが,不服申立前置主義をとる租税訴訟には,他の行政訴訟にはない独特な側面も少なくない。

 裁判例を紐解くには,そうした租税訴訟に係る基礎的な事項に関する理解も必要だろう。

 そこで,本誌では,最近の裁判の傾向をも踏まえ,判決文の読み方から実際に訴訟に至った場合の留意点までを訟務検事として活躍された経験を持つ弁護士・黒澤基弘氏に解説いただくこととした。