収益認識における「出荷基準」廃止の影響

 日本ではメーカーなど多くの企業において出荷時点での収益計上が行われている。しかし、国際会計基準(IFRS)を適用した場合、出荷時点での収益計上は認められなくなる可能性が高い。出荷時点での収益計上が認められなくなるとどういった影響がでてくるのか。本誌では、その問題点を整理するとともに企業の対応を探った。
  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200624

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 国際税務リニューアル

  • 知ってる?消費税

  • 高山先生

  • ふるさと納税

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン