退職給付債務算定の「簡便法」は存続へ

 企業会計基準委員会(ASBJ)は10月13日、第59回退職給付専門委員会を開催した。同委員会では、「退職給付会計の見直しに関する論点の整理」に寄せられたコメントを参考に基準案の公表に向けた審議を行っている。今回の専門委員会では、退職給付債務の算定に際し、小規模企業等に対して認めている簡便法の取扱いについて審議が行われた。