ASBJ 調整不要とする実務上の便法について議論

 企業会計基準委員会は10月12日、第160回金融商品専門委員会を開催した。実務対応報告の公表(No.3476・4頁)によりLIBOR公表停止への対応が完了。「時価の算定に関する会計基準」における、投資信託の取扱いに関して議論を再開した。投資信託の時価の算定に関して、一定の条件下で実務上の便法を認めること等が論点となっている。

  • ZEIKEN LINKS210506

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン