償却期間など記載状況調査 のれんの注記は86.4%

 本誌では現在、JPX400のなかで日本基準によって連結財務諸表を作成している3月決算会社286社を主な調査対象に、本誌別冊として「平成26年3月期・開示実例と傾向」を作成している。のれんについて、注記等記載状況を調べたところ、連結貸借対照表上、「のれん」を区分掲記した会社は193社(67.5%)であった。一方、貸借対照表上は区分掲記していないものの、「のれんの償却方法及び償却期間」等を注記した会社は247社(86.4%)にのぼる。