国税庁、「非居住者に係る金融口座情報の自動的交換のための報告制度の概要」を公表

国税庁はこのほど、「非居住者に係る金融口座情報の自動的交換のための報告制度の概要」を公表しました。

国際的な脱税及び租税回避に対処するため、OECDにおいて、非居住者に係る金融口座情報を税務当局間で自動的に交換するための国際基準である「共通報告基準(CRS:Common Reporting Standard)」が作成されました。日本を含む各国の税務当局は、CRSに基づき、自国に所在する金融機関等から非居住者が保有する金融口座情報の報告を受け、租税条約等の情報交換規定に基づき、その非居住者の居住地国の税務当局に対しその情報を提供することとなります。

今回の公表では、国税庁から金融機関から報告を受け、外国の税務当局に報告されるまでのフローチャートや本報告制度に係る手続き(デューディリジェンス手続)についてまとめられています。