ASBJ FASBにのれん償却支持をコメント

企業会計基準委員会(ASBJ)は、米国財務会計基準審議会(FASB)の「識別可能な無形資産及びのれんの事後の会計処理」に対して、のれんの償却を支持するとともに、償却年数の上限は10年とする提案を行っている。