耐用年数大改正とリース税制改正の実務対応~本誌好評企画 実務家による誌上実務検討会

 20年度は前年に続く減価償却制度の大幅改正に加え、リースについても会計基準に合わせた実務上の大変動が生じている。

 そこで、本誌では今回、誌上実務検討会として、パナソニック株式会社で実際の実務を担当されている経理グループ・会計マネジメント室・参事の高田裕昭氏と、同企画でお馴染みの税理士・岸田光正氏に減価償却制度大改正及びリース税制改正に伴う実務上の問題点やその対応策について、両氏が実際に直面する課題をベースに積極的な討論を願った。

 特に減価償却制度は、計算ソフト等により管理されているため、大きな混乱もなく、改正後の実務が進められていると思われているが、実務上、その処理をどのように行うか判断に困る場面の実例も紹介されており、実務家の参考になるところが多いものとなっている。
  • 企懇部会

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン