ASBJ リースに関するアナリストの意見を検討

企業会計基準委員会(ASBJ)は、リース会計基準に関してIFRS16号「リース」等と国際的整合性を図るか否かに関する検討を進めている。10月15日には、第83回リース会計専門委員会で議論を行った。「現行基準におけるリースに関する注記情報は、決算発表から1カ月半以上遅れるので、速報性に欠ける」等の指摘が出された一方、オペレーティング・リースのオンバランス化に関しては「使用総資本、有利子負債の全体像がより明確になる」等の賛同意見が出されている。