法務省 会社計算規則を改正~収益認識に関する注記項目を新設

法務省は10月15日、「会社計算規則の一部を改正する省令」を公布した。改正は、収益認識基準等および改正財務諸表等規則等に対応したもの。「収益認識に関する注記」が追加されたほか、収益認識基準において返品調整引当金等の計上が認められないものとされたことに伴う所要の整備が図られた。経過措置により、改正後の規定は2021年4月1日以後開始する事業年度から適用されるが、早期適用も可能。