会計審・監査部会 「監査報告書の透明化」の議論開始

金融庁・企業会計審議会は10月17日、第38回監査部会(伊豫田隆俊部会長)を開催し、「監査報告書の透明化」(以下,透明化)に関する審議を始めた。9月8日の企業会計審議会総会で、会計監査への信頼性向上のため、本部会で透明化について検討することとされた(本誌No.3326・2頁)。透明化の意義などについて各委員が意見を述べ、「投資家の判断材料が増えるので賛成」、「諸外国の制度をそのまま導入することは反対」などの声があった。