日本の戦略と国内制度のあり方を検討

 金融庁は10月17日、企業会計審議会総会・企画調整部会合同会議を開催した。現在、合同会議では「国際会計基準(IFRS)について」審議している。前回(8月25日開催)は、当局が検討すべき11項目の論点を提示した。今後、各項目ごとに議論していく方向で、今回は11項目のなかから2点について当局が「議論していただきたい論点」を紹介した。自見庄三郎・金融担当大臣による方針転換から約4カ月。「我が国でのIFRS対応」を決める議論が再び始まったようだ。
  • 企懇部会

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン