藤沼塾開講 エリート会計士の育成へ

会計不正の問題とともに強い停滞感が漂う業界への危機感から誕生した藤沼塾が10月18日、東京都千代田区麹町で開校した。会計士業界のエリート育成を目指す藤沼塾のキーワードは「一流」、「ホンモノ」、「プロフェッショナル」。「一流になるためには一流と出会わなければ」との思いから、全6回の講義には会計関連各分野の第一人者が講師として顔をそろえる。初回は藤沼亜起塾長による講義と全体討議の2部構成。1期生となった塾生は抽選で選ばれた20~40代の会計士30名。一流との出会いを通して塾生の「開眼」が期待されている。