ASBJ 「繰延資産」を廃止へ

 企業会計基準委員会(ASBJ)は、無形資産全般の体系的な会計基準の開発を最終的な目標に、無形資産専門委員会において検討を進めている。年内に公表される論点整理には、「繰延資産」の取扱いも論点として取り上げられる見込みだ。

 実務対応報告第19号の廃止を打ち出し、現行の繰延資産について、それぞれIFRSの取扱いと整合するよう検討することを提案する。IFRSとコンバージェンスを図った場合には、その多くが発生時に費用処理することになりそうだ。論点整理公表後、2010年内に最終基準が公表される予定。
  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200624

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 国際税務リニューアル

  • 知ってる?消費税

  • 高山先生

  • ふるさと納税

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン