研究開発税制の要望のサービス開発 ネットサービスの現状とは

29年度税制改正要望において、経済産業省は研究開発税制の拡充を求めている(No.3423)。
要望内容の1つが、試験研究費の定義に、サービス開発の費用を追加すること。
サービス開発について、同省の要望には、以下の通り、「観測・分析・設計・適用」という工学的・自然科学的な手法を伴った研究開発に基づいたサービスの提供と示している。
この要望に強い影響を受けるネットのサービス業の、研究開発税制の適用の現状、サービス開発への課題を探った。

関連セミナー