金融庁 企業開示、上場規則・会社法・金商法の重複排除へ

 金融庁は10月23日、第35回金融審議会総会・第23回金融分科会合同会合を開催した。麻生金融担当大臣から諮問を受け、今回から、企業の情報開示のあり方等に関する検討を始める。具体的には、証券取引所上場規則、会社法、金融商品取引法の3つの開示制度における重複を排除するなど、効率的な開示について議論を行う。来年3月末までに結論を得る予定だ。