JICPA会長、「時価会計凍結」報道を論難

 日本公認会計士協会(JICPA)の増田宏一会長は10月23日、記者会見で「金融商品の時価評価凍結には到底賛同できない」との声明を発表した。一部報道に見られた「時価会計凍結」との内容を批判した。先に公表している会長通牒では、証券化商品等の時価算定等について、現行の会計基準の枠内で対応するよう会員に呼びかけている。