外れ馬券訴訟 またも国側敗訴-東京地裁

東京地方裁判所は10月30日,いわゆる外れ馬券訴訟で,国側の主張をほぼ斥けた。原告である納税者が獲得した当たり馬券の払戻金について,馬券等の購入方法により区分して納税者の有利にはたらく「雑所得」となるのか,それとも「一時所得」となるのか判断している。過去納税者側の勝訴となった事件よりも,本件は馬券購入金額が少額であった。