欧州理事会が電子出版へのVAT軽減税率適用で指令

11月8日、欧州理事会は、電子出版物と紙等の物的出版物のVAT(付加価値税)規則を整合させる指令を採用しました(下記リンク先参照)。

現行のEUのVAT規則によると、電子出版等の配信など電子的役務の提供については標準税率が適用される一方で、紙等による書籍、新聞、定期刊行物については加盟各国が0税率を含む軽減税率を適用しています。

今回の指令は、加盟各国の裁量により電子出版物にも軽減税等の適用を認めるものです。

ちなみに我が国においては、来年10月1日からの消費税率の10%への引き上げに伴い、酒類・外食を除く飲料品と 週2回以上発行される新聞の定期購読契約には、引き続き8%の軽減税率が適用されます。
ただし、電気通信役務の提供に該当する電子版新聞は、本則税率(10%)となります。

Electronic publications: Council adopts reform allowing reduced VAT rates

提供元:kokusaizeimu.com

  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 国際税務リニューアル

  • 知ってる?消費税

  • 高山先生

  • ふるさと納税

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン