四半期短信、東証上場会社の4割が「実務負担過重」

 東京証券取引所が10月21日に公表した「四半期開示に関する上場会社の意識・実態調査」によると,回答者の約4割が四半期決算短信の作成について実務負担過重と考えていることがわかった。ただ,その実務負担(迅速な開示の制約となっている事項)を軽減しても,約3割の会社は,開示日数は「現状とあまり変わらない」と答えている。調査は8~9月に実施,対象は東証全上場会社2,332社(回答数1,416社,回答率60.7%)。
  • ZEIKENLINKS220802

  • タイアップセミナー

  • 企業懇話会 リニューアル

  • 税務通信テキスト講座

  • 図解でわかる!インボイス制度

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン