ポテンシャルの高い信託を身近に感じられるように解説!【税務QA-2020年11月号】

信託は正しく理解し、専門家のサポートを得ることで、高齢者そしてその家族が直面する問題を解決するツールとしても活用できます。
本特集では、新しい分野における信託の活用事例を知り、遺言や成年後見制度とその特徴を比較することを通じて、信託を身近に感じられるようアプローチします。
QA202011_1-4.png

月刊税務QA 資料請求はこちらから 


税務QA2020年11月号

⇒〔最新号の特集〕
基礎から学ぶ「信託」制度

⇒〔最新号の連載〕
■税金裁判の動向【今月のポイント】
第213回 建物等の譲受の場合における課税仕入れの時期
■事例で理解する「令和2年度税制改正」等の主要ポイント
第6回(最終回) グループ通算制度
■税理士がチェックしたい 中小企業クライアントの就業規則のルール
第8回 コロナ禍における対応①-在宅勤務規程ー

⇒〔最新号のSelection Q&A〕
第一線の執筆陣が、実務上重要で汎用性の高い事例を取り上げます。
CASE1 コロナ禍における財務強化のための「増資」の効用
CASE2 個人事業主の債務整理に係る税務上の取扱い
CASE3 不動産の時価取引の妥当性
CASE4 コロナ禍の影響で促進された契約形態の変化に係る印紙税の取扱い

⇒〔最新号のFAQ〕
実務上、すぐに役立つ税制上の知識や取扱い方について、税目別にワンポイント解説します。
【法人税】法人税重要事例検討:貸倒損失等ー2
【申告所得税】必要経費と家事関連費等の必要経費不算入ー3
ほか


税務QAとは?
ほぼ全編Q&Aの形式で、実務上重要な事例から初心者向けの基本的な事項まで幅広い内容を取り上げる月刊誌。解説に図表等を織り込み、見開き中心の見やすい誌面構成には定評があります。

詳しくはこちら

  • ZeikenBridge

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン