電子記録債権導入に向け会計処理など検討へ

 (財)財務会計基準機構(FASF・萩原敏孝理事長)は11月4日、「第5回基準諮問会議」(議長:八木良樹・日立製作所名誉顧問)を開催した。金融危機を巡る企業会計基準委員会(ASBJ)の対応や会計基準の審議状況等について議論したほか、基準諮問会議が実施したアンケート調査結果等の報告があった。また、ASBJへの要望として「電子債権にかかる会計処理」や「自社株保有スキーム」への対応が取り上げられた。