ASBJ セグメント開示で内部統制に対する懸念も

 セグメント情報開示のあり方を審議しているASBJは11月5日に専門委員会を開き、公開草案に寄せられた意見について議論した。新たに採用される「マネジメント・アプローチ」が事務負担や不利益を生じさせる懸念があるとの私的をめぐり、対応策を検討した。
  • ZEIKEN LINKS210224

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン