相続税関係通達のあらまし公表 小規模宅地特例の設例などを掲載

国税庁は11月13日,令和元年度改正の相続税法基本通達等のあらましを公表した。あらましでは,配偶者居住権の通達「配偶者居住権が合意等により消滅した場合」(新設)や小規模宅地等の特例の通達「政令で定める規模以上の事業の意義等」(新設)などで設例を掲載している。