金融庁 ディスクロージャーWGで、開示効率化を議論

 金融庁は11月10日、金融審議会「ディスクロージャーワーキング・グループ」の第1回会合を開催した。同グループは、麻生太郎金融担当大臣から諮問を受け、企業開示のあり方等を検討するために設置されたもの。今年度中に結論を取りまとめる予定だ。今回の審議では、事務局が、「平均すると、四半期末の約34日後に四半期決算短信、約41日後に四半期報告書を公表している」こと等を報告。メンバーからは、「四半期決算短信と四半期報告書は一本化してもいいのでは」との案も出された。