ベトナムとの社会保障協定締結に向けて日越間で予備協議

ベトナムの改正社会保険法において、外国人労働者も加入対象とされ、2018年1月1日より社会保険料の納付が義務化されることになりました。この点に関し、既報のとおり、日本経済団体連合会は他2団体と共同で、6月19日付で日本とベトナムの社会保障協定の早期締結を求める声明を公表しました。

厚生労働省によると、我が国の二国間社会保障協定は、現在、18カ国との間で発効済で、署名済みと交渉中が各3カ国、ベトナムとオーストリアの二カ国と交渉に向けた予備協議中とのことです。

提供元:kokusaizeimu.com