米国の作成者の75%がのれん償却に賛成

「のれんの事後の会計処理等」について米国財務会計基準審議会(FASB)が10月末まで募集したコメントの内容を分析したところ、作成者の75%は「のれんの償却及び減損モデルの再導入」に賛成であることが分かった。金融機関では賛否がほぼ半々に分かれ、アナリスト(評価会社等)だと反対が79%。監査人は71%が賛成で反対はゼロ。

  • ZEIKEN LINKS210506

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン