会計審 監査報告書に「その他の記載内容」に係る記載を新設か

金融庁・企業会計審議会は11月12日、第45回監査部会を開催した。議題は「その他(有報の財務諸表等及び監査報告書以外)の記載内容」に関する監査人の対応。現行、監査人は「その他の記載内容」を通読し、財務諸表の表示と重要な相違がある場合は、監査報告書に追記情報としてその内容を記載している。国際監査基準改訂への対応でこの点を我が国でも検討する。事務局によると、監査人は「その他の記載内容」の通読に加えて、「監査人が監査の過程で得た知識」等との重要な相違についても検討する。監査報告書には独立区分として「その他の記載内容」に係る記載を新設する。適用は2022年3月期からの方向だ。

  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 国際税務リニューアル

  • 知ってる?消費税

  • 高山先生

  • ふるさと納税

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン