「IFRS適用をめぐる課題と日本の対応」(本誌・スペシャル対談)

 国際財務報告基準(IFRS)を巡ってめまぐるしく変わるわが国の会計事情。米国がIFRS容認の方向へ軸足を移しつつあることを受け、わが国でも当局を中心とする議論が注目されている。本誌では、変化の局面に立ち向かうキーパーソン(島崎憲明・住友商事副社長、西川郁生・企業会計基準委員会委員長)をお迎えし、「IFRS適用をめぐる課題と日本の対応」をテーマに議論していただいた。