与党税制協議会 消費税の軽減税率で中間報告、12月中旬の平成26年度税制改正大綱で結論

 自民・公明の与党税制協議会に設けられた「軽減税率制度調査委員会」は11月12日に消費税の軽減税率についての議論の中間報告をまとめた。

 本年1月の平成25年度税制改正大綱で、10%引上げ時に“軽減税率導入をめざす”とし、調査委員会は適宜、検討状況を中間報告するとされているからだ。軽減税率の対象や品目、インボイス制度などの整備、中小事業者への影響、財源確保の問題などが検討課題で、今回、有識者や関係団体からのヒアリング結果が報告された。

 12月中旬の平成26年度税制改正大綱で具体案が盛り込まれるか注目される。
  • ZEIKEN LINKS210506

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン