FASF 新規テーマに「仮想通貨の会計処理」

財務会計基準機構(FASF)は、11月14日、第28回基準諮問会議を開催した。

ASBJへのテーマ提言の状況やASBJの活動状況等を確認したほか、実務対応レベルの新規テーマに「仮想通貨の会計処理」が提案された。

仮想通貨の利用拡大や、仮装通貨交換業者への財務諸表監査義務付けといった規制導入の動きなどを踏まえ、会計上の取扱いの明確化について実務対応専門委員会に評価依頼することが決まった。