ミャンマーがバングラデシュ、香港、モンゴル、ロシア、セルビアと投資保護協定交渉を促進~IBFD Tax News Service

11月16日付けででIBFD Tax News Serviceが伝えてるところによると、ミャンマーが周辺各国との投資保護協定(IPA)締結交渉を積極的に進めています。

それによると、香港とは交渉が合意に達し現在署名待ちの段階、バングラデシュ、モンゴル、ロシア、セルビアの各国と進行中とのことです。

なお、既報のとおり、10月31日には韓国とのIPAが発効しています。

提供元:kokusaizeimu.com