ASBJ 税効果新ルール、適用初年度の影響額の取扱い審議

 企業会計基準委員会(ASBJ)は11月12日、第28回税効果会計専門委員会を開催した。「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針(案)」の最終化に向け、「適用初年度の期首の影響額の取扱い」等を審議した。公開草案の、全て剰余金調整とする取扱いに対し、作成者側を中心に全て損益に反映させるべきとの指摘がある。これを受け、事務局は剰余金調整とする範囲を特定し、それ以外は損益処理とする案を打ち出しているが、結論は持ち越した。