会計審・監査部会 KAMの試行結果を報告

金融庁・企業会計審議会は11月17日、第39回監査部会を開催した。日本公認会計士協会が実施したKAM(監査上の主要な事項)の試行結果を報告し、その上で、事務局が提示した「監査報告書の透明化」についての主な論点も踏まえつつ議論した。会社法監査との関係や公認会計士の守秘義務との関係などについて、多くの発言があった。