消費税率引上げ延期の改正法が成立

消費税率10%への引上げ時期を平成29年4月1日から31年10月1日に延期する税制改正法が、11月18日の参議院本会議で可決、成立した。

これに伴い地方法人特別税の廃止なども31年10月1日以後開始事業年度に変更された。地方法人特別税の廃止等を前提に法人事業税所得割の超過税率等を改正した自治体では、今後、地方法人特別税を考慮した税率に改正し直すことになる。

ただし、この場合でも超過税率の割合に変更がなければ、当該条例改正による税効果会計に適用する実効税率に影響がない見込みだ。


==================
消費税関連セミナーのご案内
==================

『消費税改正法案に伴う実務上の留意点 ~消費税率引上げ延期に伴うスケジュールと実務対応~』を12月19日(月)に開催します。

このセミナーでは、経理処理や会計システムなど各種システムの変更、各種契約書の記載方法の見直し、社内体制の整備などをどのように進めていくか、今後の実務対応におけるポイントを整理し、今後、必要となってくる関連業務をあらためて確認します。

詳しい内容は、税研実務セミナーページの詳細からご確認ください。