ASBJ 不動産等の「リースの識別」を検討

 企業会計基準委員会は、11月19日開催の第446回本委員会で、リース会計基準の改正議論を行った。IFRS第16号と同様に、借手はすべてのリースで資産および負債を認識する方向だ。今回は、リースの識別について議論し、「自動車リースや不動産賃貸借契約はサービスの提供の要素が強いとの意見もあるが、リースとして取り扱う」等の方向性が示された。

  • ZEIKEN LINKS210506

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン